SERVE 素材について

素材について

主な素材はイタヤカエデ(国産メープル)、椅子だけはハードメープル(北米産)です。
性質はほとんど同じ(硬くキメが細かく粘りがある)ですが、色味や木目の表情に若干の違いがあります。
どちらも色白ですが、イタヤカエデは薄いピンク色を帯びていて、ハードメープルは少し黄色味を感じます。
木目の表情は、ハードメープルは単調、イタヤカエデは多様です。
イタヤに近いハードメープル、ハードに近いイタヤカエデカエデもあって、判別が難しいものがあります。
どちらも経年変化(紫外線の影響)によって少しずつ飴色に変わっていきます。

無垢材



丸太を挽き割ったもの。無垢材ならではの存在感。
メンテナンスをすることで、経年と共に魅力を増し、価値を増す。
湿度や温度の変化によって、四季を通じて常に膨張や収縮を繰り返すため、希に反りやヒビが発生する場合がある。

突き板



イタヤカエデの突き板は、丸太を回転させながら刃物に当て、材料を薄く(0.3㎜前後)スライスしたもので、その作業の様子は大根の桂剥きに似ている。

下地(ベニヤ材など)に貼り付けて使う。
軽量で安価、反り、割れ、膨張や収縮がほとんど無い為、作り易い。
シンプルでスマートなデザインが可能。
無垢材と比較すると、消耗品である。
サーブの一部の商品は、無垢材と突き板の長所を生かし、併用した作りになっています。

節あり材



サーブで言う〝節あり材〟は、節やその他(成長の過程で生成した様々な表情)の特徴を持つ素材の総称です。
その他の特徴とは、黒っぽい筋、雲や霞のように見える色模様、杢のような表情等です。
枝やダメージの修復痕などは比較的分かり易いのですが、他の特徴の現れる要因はよく分かっていません。
地中の成分との反応、成長過程での何らかのストレス、気象条件や生育環境など等が複雑に作用したものと想像されます。

節や特徴のある材料は好みが分かれるので、これまで定番としては採用を控えていました。
商品を直接ご覧になれない遠方のお客様にとってリスクの高い素材だったからです。
出来立てのメープルは色が白く、他の素材と比べると、特徴がハッキリ現れます。 好みの分かれる要因です。
今回の定番への採用は、私共が良しと思ったものを優先することにしたからですが、随分前から準備していたことでした。

節あり材に対してのご理解が深まったと判断し、満を持しての投入です。
経年とともに味わいを増してゆく節あり材の商品を、自信を持ってお勧め致します。

\イタヤカエデにこだわる理由"

イタヤカエデを知ったのは 一言で言うと 一目惚れ
板谷楓は表情が多様で豊か 清潔感と色気 木肌の滑らかさなど
見て 触れて 作って 作り続けて 飽きることがありません
飽きるどころか 知れば知るほど深みにはまっていくようです
国産材であること 希少材であること 材料の確保が難しいことなども理由です
もっと多くの人に知ってもらいたいという思いがあります
もっと上手く素材を使いたいという気持ちも強いです

イタヤカエデに出会ったことで 夢中になれる仕事になったんだなと感じています


close